困ったちゃん

  • 2009/04/20(月) 22:02:32

娘が通う英語教室によっちゃんという、ちょっと困った男の子がいる。
よっちゃんは去年まで娘と幼稚園で同じクラスだった。

このよっちゃんが英語のレッスン中授業を妨害してしょーがないのだ。

机の上に乗り、レッスンと関係ない話をする。
先生に対してババアだのおばはんだのと暴言を吐く。
次やることを指示されるといちいち「めんどくせー

そんなにイヤなら辞めりゃいいのに。。。と思うほどの荒れぶりなのだ。

もう一人の男の子たっくんにちょっかいをだして、そのうちマジ喧嘩に発展。
そしてウチの娘もお調子者なので、よっちゃんの話に笑ったり
机の上にひらりと飛び乗るのを見て「すごーい!!」と関心したりして。

お恥ずかしながら、この3人が騒がしくしているような感じだったのだ

時々娘を突付いて注意していたのだが、そのうち「ちょっとくらいいいやん!」と
開き直るようになった。

これではいかん!ととうちゃんに一連の出来事を報告。
とうちゃん烈火の如く怒りまくり

「何しに行っとるねん!もう辞めてしまえ!!

この言葉で目が覚めたらしく、それ以降は一緒にワルノリすることはなくなった。
いつも喧嘩を売られていたたっくんもママがレッスン中教室にいて
たっくんを監視することにしたようだ。


3歳の頃から一緒に通っていた仲良しのまーちゃんは、これが原因で
3月で辞めてしまった。
本当に何をしに行ってるのかわからないし、見ていてイライラするからと言っていた。


先生からも何度かよっちゃんの親御さんに注意をお願いしたそうで。
直後の態度はよくなっていても、すぐにまた悪態をつくようになるのだ。

よっちゃんはお母さんが仕事をしているため、おばあちゃんが送り迎えしている。

先日もひとしきり授業を妨害。
机に足を乗せている時におばあちゃんが入ってきた。
。。。すっと足を下ろして座りなおす。

帰り際先生がおばあちゃんに声をかけた。

先生「あの〜また今日元に戻ってました。。。

おばあちゃん「・・・はぁ!?」

先「いえ、あの、また今日もちゃんとレッスンできなくて・・・」

ば「ああ、眠たいんっすわ!!


。。。。( ゚д゚)。。。。。


先週たっくんママとレッスン後外で話をした。

た「もイライラするわぁぁぁぁぁ!!!
あ「今日はまだマシやったよ〜


娘のクラスは4〜5歳が一緒にレッスンを受けていて、今年度は人数が多いため
クラスがふたつに分かれている。
ひとつは娘とたっくんとよっちゃんのクラス(木曜日・主に5歳児)、
もうひとつはかあちゃんのレッスンのすぐ後(金曜日・主に4歳児)。

金曜日に移れば娘とかあちゃんが続けて受けられていいかも、と思ったけど
それでなくともよその教室から移ってきてるし(→移った理由)また大人の都合で
一緒に勉強する友達が変わるのもどうなのかなあ。。。と。

た「金曜日に移ろうかしらっ」
あ「私はその方が楽なんだけどねぇ。。。。」

た「明日あっちゃんのレッスンの日に様子を伺ってみてくれない!?」
あ「オッケーっすよ〜


娘にそれとなく話してみたけど「難しくてわかんなーい」( ̄∀ ̄;)



なんつーか、よっちゃんは恥かしがり屋なのかな〜と。
もうすこし大きくなれば変わるかもしれない。

今のレッスンは勉強というより英語に慣れ親しむためのものだろうから
「タクの娘が勉強できなくて困りますわっ!」と目くじら立てるほどでもない。

でもねぇ。。。どうなんだかねぇ。。。


困った・・・(´д`)


欲張り

  • 2009/04/16(木) 11:35:37

新学期が始まってから午前中で帰宅していた娘。
昨日から待ちに待った給食が始まった。
帰る時間も通常通り2時になったのだ

で、早速はなちゃんママと近所にオープンしたパスタ屋へ行ってきた。

店で食べるパスタって値段の割りに量が少ない。
店員さんに「大盛りってどれくらいの量?」と聞いてみた。

乾麺で通常は130g、大盛りは180gでございます」
「。。。???」

乾いた状態で言われてもねぇ。。。


「よし!男は黙って大盛りだ!!

はなちゃんママはトマトソース系、かあちゃんはガッツリチーズ系を注文した。


待ってる間に店内は満席にー。
結構人気のあるチェーン店なのだ。


「お待たせいたしました。○○スパゲティ大盛りでございます」

隣のカップルがチラッとこちらを見る。恥ずかしい。。。。
おねぃちゃん、『大盛り』を強調してくれるな

これがアナタ、ものっすごい量だったのよ!!

は「・・・減らへんねんけど・・・」
あ「むしろ増殖してるぞコレ・・・」

この辺りから二人で眉間にシワを寄せ始める。

あ「今思い出してんけどさぁ、ウチ昨日の晩御飯スパゲティやったわ。。。」
は「あ!ウチもピザ食いに行って私パスタ食べたわ!」


そのうちはなちゃんママはお箸に麺をぐるぐる巻いてかぶりつきだした。
かあちゃんのなんてチーズやから段々固まってきて
つるつると食べられなくなってしまい、具(鶏肉とか野菜とか)だけ
掘り出したりして。

お互い麺を残してギブアップ
あ「でも通常よりは食べたやんな。。。」
は「うん、モトは取ったよ。。。」



夕食時にはなちゃんママからメールが来た。
「まだ消化できてなくて晩御飯食べられへん

かあちゃんもあまり欲しくなかったんだけど、前日に作ったスパゲティが大量に
残ってて、ダンナもお弁当いらんって言うし娘も食べへんし
ちょっとだけ消費しようと温めていたところだったのだ。

「今一番見たくないエヅラを送ってあげる」とスパゲティ画像で嫌がらせ。

「げ



でもまたしばらくしたら食べたくなると思う。。。


春だもの

  • 2009/04/13(月) 10:54:26

暑い!!
この一週間で一気に春が来てこのまま夏に突入しそう。

四季の中でいつが一番好きかと問われれば、絶対春
昔住んでいた町では「うへへへ〜セーラー服」とうつろな目で学校へ侵入する
おっさんを見て春の到来を感じていたものである。

こう暖かくなると普段デブ症出不精のかあちゃんでも桜吹雪が舞う中、
犬と一緒に堤防を駆け回りたくなる。
しかし悲しいかな、身近に犬も堤防も存在しない。
せいぜいたまに見かける野良犬と近所の池くらいだな


そんな浮かれ気分のかあちゃん。この春から習い事を始めたのよ。

娘と一緒に英語教室へ行くことにしたのだ。

英会話学校すら通ったことがなく、この何年かは辞書を触ることもなかったし
字を書くことすらしない日々を何年も過ごしていた。

今更勉強してもほんの一握りほどしか習得できないだろうけど
なんだか「やるなら今だ!」と勘違い思い立ち、去年末から先生に相談していたのだよ。




               スティッチの両面筆入れ大活躍


20年前
に買った英和・和英辞典と、ダンナが日本海へカニを食べに行った時の
お土産・ご当地スティッチのシャーペンを持って、先週初めての授業へ行ってきた。

授業の間娘が静かに待てるよう、ぬり絵やDSを用意していたのだが
教室の前まで来て丸ごと忘れてきたことに気づいた。

「先生にチラシでももらおう」と言っても、自分のでないとイヤや!!と泣き喚く娘
先生に「取りに行かれてもいいですよ」と言って頂きダッシュで取りに帰った。

で、車降りる時にまた忘れてるねんな( ̄д ̄)


そんなこんなで初回は時間が半分になってしまったけど、ものすごーく楽しかった!

日本語の読み書きも危うい状態だけど、まずは一年続けてみるよ


毎日かあさん

  • 2009/04/09(木) 14:21:24

やっと春休みが終わった。
昨日から育児開始したものの、一週間ほど午前中で帰ってくる。
娘と二人の昼ご飯ってめっちゃ悩む。
早よ始まれ、給食


☆☆☆



あっちゃん家一同が大好きな『スティッチ!』の放送が終わってしまった。
そして今月からは『毎日かあさん』が始まった。

かあちゃん、作者の西原理恵子さんが昔から大好き
十数年前『恨ミシュラン』が連載されていた頃は
「愛読書は週刊○日」と公言するような娘であった。
20代半ばで週刊朝○が愛読書って。。。


           


実家でスティッチを観ようと思っていたのに、実はすでに終わっていたことを知って
がっかりの娘。でもかあちゃんは新聞のTV欄を見て狂喜乱舞

第一回の放送を観てすっかり娘は『毎日かあさん』の虜になった。

娘は大阪に帰ってきてすぐにかあちゃんの本棚へ直行。
マ○ンナ裸体本やらぐちゃぐちゃドロドロのノンフィクション本を掻き分けて
『毎日かあさん』の原作本をひっぱり出してきた。


           


「かあちゃーん、この絵本読んでー


。。。絵本。。。

「これはキミが読んでも意味わからへんと思うけどねぇ

テレビでは子供向けにソフトな感じに仕上がってたけどね、
原作はブラックユーモアたっぷりの、

健全な発育に役立つような情報はひとつもないのだよ。


それでもねだるので試しにひとつ読んでみる。

西原さんちのお嬢ちゃんがマリーアントワネットに憧れていて、
彼女のように豪華なドレスが着られるように早くお腹がひっこんでほしいと願いから
毎日ヘソ出しルック(死語)でうろうろしている。

その格好をやめさそうと「でもあの人は処刑されたよ」と話すのだが、
今度はパ○ス・ヒ○トンとK姉妹に目標をロックオン。
そのビッ○な選択にかあさん昇天。
更にお腹を出してうろつくようになる。

そして「太らない食べ物も発明する」と言い出したお嬢ちゃん。
ドレスを買うため社長になって大儲けせなあかんし
科学者になって発明もせなあかんし、複雑な進路やな〜という話であった。

娘「。。。で?」
母「『で?』って。。。


それからも自分で本を開いて絵を楽しんでいる様子。
かあちゃんと趣味が合うのね。


「さすが我が子だ!」と花粉が舞う空を見上げる『毎日かあちゃん』であった。


笑いを取る嫁

  • 2009/04/04(土) 17:42:02

娘が春休みに入り、一週間ほど実家へ帰省しておりました。
愛想なしですみません(平謝り)

で、この前幼稚園で新しいクラスの顔合わせ会があったのだ。
年中の時はクラス名が果物だったのが、
年長になると花の名前になるのだ。(←クラス名募集中!

今度のクラスでは前プチトマト組が7人。
同じ英語教室でプリキュア仲間のまーちゃんも一緒。
そして娘の未来の旦那様であるイチローくんも同じクラスになれたのだ

しかし入園当初から娘に嫌がらせをし続けてきた子(女子)も。。。
ひどい時は先生に相談し、娘には「無視してよし!」と言っていたのだ。
一度はかあちゃんの目の前で娘の胸ぐらを掴んだりして。
最近では娘も慣れてきたようで、パンチされそうになっても
ひょいっとかわしているそうだ。強くなったな〜


自己紹介などをした後役員を決める為円陣を組む保護者一同。
ウチの幼稚園はちょっと事情があって、各役員を2名ずつ任命するのだ。

昨年度、本部役員だった人は完全免除、学級委員長は2年連続することはなく
ただし他の役に当たる可能性はあるのだ。

かあちゃん、去年は学級委員長やったもんねー。
今年は隠居生活、もしくは年内で活動が終わるベルマークだな♪
などと楽な気持ちで構えていたのだ。
お腹すいて仕方なかったけど取り乱す必要もなく(詳しくはこちら



。。。長年このブログにお付き合いくださっている皆さんは賢明だから
この後の展開はだいたいお察しであろう。



今年も学級委員長になったよ
_| ̄|○ il||li


チビちゃんがいたり仕事を持つ人は数に入れず、元本部役員さんも除くと
わずかな人数しか残らなくてー。

イチローママがベルマーク委員に立候補。
チビちゃんを抱いた方も「お役に立てるかどうかわかりませんが」と
イベント委員に手を挙げて、皆胸を打たれる。
残るは学級委員長。

元本部役員さん「あっちゃんさん慣れてはるしねぇ。。。」
イチローママ「そうそう!去年のプチトマト組はあっちゃんのおかげで安泰やったし」

あっちゃん「なに言うてますのんっ!今年ラクしようと思ってがんばったのに

本部「別に2年連続でもいいって書いてあるよ。ここに」
イチロー「あ、ほんまや。ほれ、ここ」

あ「め、めっさ余白やんか!○○には見えへんってか

本部「なんかあったら手伝うし。ね♪」
イチロー「うんうん♪」

あ「っつーか、アナタがやってもいいんよ!?」

イチロー「いや〜私はもうベルマークに決まったし」


先生「決まりました?」

全員「はい!!」


おいっΣ(゚Д゚;)





( ̄  ̄;)。。。やりましょう」


「やった!」「いよ!男前!!



先生が前に出て各役員を発表。

去年一緒にプチトマト組の学級委員長をしたケイくんママが向かい側にいた。

かあちゃんの名前が呼ばれた途端、あごが外れそうなくらい
「はあーー!?」って声をあげてたよ。。。

娘も口を押さえて笑うのこらえてるし( ゚,_・・゚)ブブブッ


その後違うクラスになったはなちゃんやアリーちゃんの教室へ行き役員の報告。

皆ケイくんママと同じような『驚愕顔』で言葉を失い
次の瞬間大爆笑。

アリーちゃんママも学級委員長になったそうだ。


家に帰ってふて寝してたらアリーちゃんママからメールが。
「ヤケ酒してる〜?なってしまったもんは仕方ないから一緒にがんばろうぜ

そして夜にはイチローママからも。
「ヤケ酒中に失礼いたします。今になって罪悪感が沸いてきて・・・」

遅いよ




『あっちゃんらしい展開ね〜 ぷっ』とか言うなヽ(`Д´)ノ








ワンポイント英会話。
○っちさんにピンポイント。




2体のロボットによる他愛ない日常会話。